07/26/2013

4点差を逆転! 3連勝!!




昨日のBs対ファイターズの一戦は、ここ
ほっともっとフィールド神戸で行われ
ました。









約50日ぶりの神戸でのゲーム。そして、
恒例の花火ナイトということもあって、
たくさんのファンの皆さんにお越し
いただきました。

どうもありがとうございました。


森脇監督が「地の利を感じた」と試合
終了後のインタビューで答えていたよう
に、皆さんの強い後押しのおかげで
昨日のBsは、あきらめない素晴らしい
試合をすることができました。

その試合につきましては、のちほど
お届けするとして、まずは今日の
『閑話球題Season2』、昨日のゲーム
前に行われた記者会見の模様から。






久しぶりに「選手目線の写真」を
撮影してみました。

ノリのいいプレスの皆さんに感謝
します♪


そして、この記者会見場、昨日の
主役はこちら!









新入団のブラッド・ミルズ投手です。


ツーシーム、フォーシーム、カーブ、
カットボール、チェンジアップを
操り、どのカウント、どの球種でも
ストライクをとれることが自分の
持ち味だと語ったミルズ投手。





何よりボクの心に響いたのは、社交
辞令とかではなく、本当に日本での
プレーを熱望していたこと。

入団交渉がまとまるやいなや、出場が
決まって現地入りまでしていた3Aの
オールスターを辞退し、最短時間で
来日を果たしました。


そのミルズ投手に、初めて訪れた日本の
感想を聞いてみました。





「今日、ホテルから球場にくるタクシー
の窓から外をながめて、とても美しい
景色に感激しました」


─── うん、特にこの球場は緑に囲まれて
るからね。


「ボクのホームタウン、アリゾナは
砂漠が広がってて、木とかあまり
生えてないんですよねー」


─── へぇー、そうなんだー


とりたてて中身のある会話ではありません
が、ボクが通訳なしで聞いたところに
意義があります。

だから、ちょっとアップしてみました。

できりゃ、このシーン、誰か写真に
撮っておいてくれたらよかったのにと
思います。



では、話題を試合へと移します。


昨日のゲーム、珍しく全得点シーンを
撮影することができましたので、その
写真を使って振り返りたいと思います。


ほっと神戸での試合、ボクがもっぱら
根城にしているのはキーパー室。

ドアを開けて、一歩外に出ると





ご覧の風景が広がります。


なので、スタンドの歓声が聞こえてから
ダッシュをすれば





ギリギリこんなシーンに間に合います。

0対4とリードされた4回裏、反撃の狼煙と
なる1点目と2点目のホームを駆け抜ける
李大浩選手と糸井選手です。





セカンドベース上に立つ、タイムリーを
放ったバルディリス選手。






続くバッターはT-岡田選手。






レフト前ヒット!






バルディリス選手、3点目のホーム
イン!!


このあたり、8,800円のデジカメの
限界をイヤというほど思い知らされ
ます。






7回裏、ボクはライトスタンドに
来ていました。

そこで飛び出したのが李大浩選手の
特大の一発!






ダイヤモンドを周る李大浩選手。





(よく見えませんが)ついに同点!!






多分、いつものポーズで決めてるんだと
思います。



そして4対4の同点のまま迎えた8回裏。





ノーアウト一・三塁で、バッターボックス
には李大浩選手。






ライト前タイムリーで勝ち越し!!






勝ち越しのホームを踏んだのは・・・






安達選手でした。



このあと高橋選手の内野安打で満塁と
して、





バルディリス選手が、この日3打点目と
なるライトへの犠牲フライを打ち上げ、
貴重な追加点が入ります。






ホームベースを駆け抜けるのは、
えっとぉ・・・






糸井選手でした♪






最後は守護神・平野佳寿投手が無失点
クローズ!









Bsは4点のビハインドを跳ね返して
6対4で勝利しました。

ナイスゲーム♪


以上、「8,800円のデジカメで振り
返る昨日の試合」をお届けしました。


こんなに素晴らしい試合なのに、
見ててイラっとさせるところが、
このデジカメの持ち味ですね。



ってことで、昨日の試合を快勝し、
オールスターブレークを挟んで
3連勝としたBs。

今日から西武Dでライオンズとの
3連戦です。

今日の試合には4連勝と勝率5割が
懸かります。

現地観戦の皆さんも、テレビ観戦の
皆さんも、全力の応援をよろしく
お願いしますね♪