07/09/2012

〈第2回〉マッチャンのワンポイント・カメラ講座

今日の『閑話球題Season2』は、皆さん

お待ちかねの「ワンポイント・カメラ講座」

その第2回目、

 

「ドームの中に入ったよ~♪」編

 

をお届けします。

 

(第1回はコチラをご覧くださいね)

 

 

講師は、例によって、この方

 

 

 

マッチャン、こと、松村真行さんです。

 

 

では、さっそくドームの中にご案内しましょう。

 

 

 

 

マッチャン(以下、マ)「はなきさん、ちょっと

いいですか?」

 

はなき(以下、は)「なぁに?マッチャン」

 

 

 

マ「レンズが思いっきり汚れてますよ・・・」

 

ありゃ。いきなり基本的なダメ出し。

 

 

 

マ「レンズが曇ったり汚れたりしてると、

写真が白っぽくなっちゃいますから

注意してくださいね」

 

スポーツカメラマンの第一人者に、ボクの

7,800円のデジカメを拭いてもらうとは

贅沢な話です。

 

 

 

ドームに入って、まずやってきたのは

「阪急ブレーブス」の展示品のコーナー。

 

は「こういう展示品を撮影するときの注意点って

どんなことですか?」

 

 

 

マ「ケースの中は明るさの調整が既にできて

いますし、ガラス越しの撮影になるので

ストロボは使わない方がいいですね」

 

 

 

 

マ「ストロボを使っちゃうと、この写真のように、

明るいのはいいのですが、周りとの調和がなくなって

平面的な写りになってしまいます」

 

は「あ、ホントだ」

 

 

 

マ「それと、できるだけガラスに近づくのが

コツですね」

 

 

 

では、スタンドに足を踏み入れましょう。

 

 

 

マ「じゃ、はなきさん、そこに立ってください」

 

は「はーい」

 

 

 

マ「どうですか?この写真は?」

 

は「う~ん、イイ笑顔だ♪」

 

マ「そんなことはどうでもいいんですが、

ちょっと顔が影になりますよね」

 

は「そう言われてみりゃ・・・」

 

マ「こういうときはストロボを使うと

いいんですよ」

 

 

 

は「あ!明るくなった!!」

 

マ「ビックリするくらい当たり前のコメントですね。

でも、さっきよりハンサムに写ったでしょ?」

 

は「ヘヘヘ・・・」

 

マ「冗談ですよ。ところで、このストロボ撮影、

写真の仕上がりに関してはとても有効なのですが、

試合中、そして、練習中でもグラウンドに近い

位置では行わないようにしてくださいね」

 

は「了解しましたー♪」

 

 

 

 

マ「では、続いては、ファンの皆さんと記念写真を

撮りましょう」

 

 

 

は「われながら、こりゃ楽しそうな写真ですね♪」

 

マ「皆さん、素敵な笑顔をなさってますね。

でも、せっかく記念撮影をするのだったら

京セラDだってわかる構図がイイと思いませんか?」

 

は「確かに・・・」

 

マ「だったら、これでどうですか?」

 

 

 

は「おお、なるほど! グラウンドをバックにすれば

いいんだ♪」

 

マ「京セラDにはグラウンド以外にも背景にすると

おもしろいところがたくさんありますよ」

 

は「へぇー、そうなんですね。教えて、教えて♪」

 

マ「了解。じゃ、まずはこんなのどうですか?」

 

 

 

 

は「おお、こりゃおもしろい!ドームならではの

風景ですね」

 

マ「天井を背景に入れるだけで、不思議な構図に

なるでしょ」

 

は「にしても、マッチャン・・・」

 

マ「ん?何ですか?」

 

 

 

 

は「ムリな体勢で、がんばってるね~」

 

マ「他人ごとみたいに言わないでください!」

 

 

 

 

は「今度は外野にやってきましたね」

 

マ「ポール際も、とても野球場らしい背景になる

ポイントのひとつです」

 

は「撮影場所が一目でわかりますね」

 

 

 

 

マ「天井が入る構図にすると、さらに特徴的な

写真になります」

 

は「おおっ!これぞ京セラドーム!!」

 

 

 

マ「次は上段席に行きますよ」

 

は「えー。まだ歩くの?」

 

マ「誰のためにやってるんですか?!」

 

 

 

 

は「おおっ!高い!」

 

マ「またしても、当たり前すぎるコメントですね。

グラウンドを眼下に見おろすアングルは、写真に

変化をもたらします」

 

は「確かにねー」

 

マ「それと、上段席から見上げると、天井も

違った表情になってるんですよ」

 

 

 

は「ホントだ! スッゴく近い!!」

 

 

 

マ「京セラDならではのおもしろい背景は、

まだまだたくさんあります。皆さんもぜひ、

お気に入りの構図を探してみてくださいね。

ってことで、今日の講座は終了です」

 

は「どうもありがとうございました♪」

 

マ「あ、最後に大切なことをひとつ。

スタンドで写真撮影をするときには、

飛んでくるボールに十分注意してください」

 

は「撮る人も撮られる人も、全員がボールから

目を離すと、とっても危険です!!」

 

マ「ボクたちプロのカメラマンは、その危険性を

身をもって知っています。本当に気をつけて

くださいね」

 

は「そいうやマッチャンも変な姿でカメラマン席に

いるもんね」

 

マ「それは次回の話題にしましょうか」

 

 

 

いやぁ、今回も勉強になりました。

 

なるほど。

 

ボクも探してみることにします。

 

京セラDらしい背景ねぇ・・・

 

 

あった!!

 

 

 

 

 

ちょっと禁じ手だったかも・・・