02/10/2014

宮古島キャンプ写真レポート

宮古島キャンプは昨日で第2クールが
終了しました。

今日はキャンプ2度目の休日です。


さて、先週はボク自身が宮古島から
お届けする現地レポートをお楽しみ
いただきましたが、今回の記事は
『閑話球題Season2』本来のキャンプ
レポートです。


秋季高知キャンプのレポートをご記憶の
読者の皆さんはピンときてらっしゃる
かもしれませんね。


そうです。

町くんカメラ!


チーム帯同の町広報の前では、選手も
つい気を許して、素顔をさらけ出し
ちゃいます。

その瞬間をパチリ。

町広報にしかできない技法でもって
撮影した写真の数々をご覧いただき
たいと思います。

今回は第1クールと第2クールで撮った
ものの中からの選りすぐり。

テーマは「カメラ目線」です。


では、どうぞ♪






まず気を許しちゃったのは駿太選手♪

ポーズつきです。






西本コーチと大島コーチ。

大人の風格。律儀にカメラ目線。






小林宏コーチ、北川コーチ、鈴木コーチ、
下山コーチ。

こちらはリラックス気味。






ヘルマン選手。

町広報の技法は国境を越えます。






笑顔のペーニャ選手は、






小道具つきです。

なにかしなきゃならない。

そう思わせるのが町くんカメラの
魔力です。






安達選手。

なんかせんとアカンって思ったんで
しょうね。


そして、その魔力はときとして悲劇を
生みます。






伏見選手、危ないっ!

蹴飛ばそうとしている伊藤選手が悪い
のではありません。

町くんカメラのせいなのです。

その証拠によく、ご覧ください。






伊藤選手はバッチリ、カメラ目線です。






こちらの写真には町広報によるタイトルが
ついていました。

「中山投手変顔」

本人にそのつもりがあったかどうかは
謎です。


さて、次が今日ご紹介する最後の写真
です。


究極のカメラ目線です。

しかも、アングルがスゴい!

いつの間に町広報はこんなテクニックを
習得したのでしょう。


では、どうぞ♪






吸い込まれるようなカメラ目線。

海田投手です!



そして、奥で平野佳寿投手もしっかりと
カメラ目線ですよー♪