04/28/2014

「ジュニア記者」レポート&3連勝!!

1日遅れのレポートです。

昨日4月27日(日)のほっと神戸の模様を
お届けします。


最初は試合前の話題から。








練習中のBsナインに熱い視線を
おくるこどもたち。






彼らは日刊スポーツとBsとの共同企画
として募集された、総勢20名の
「ジュニア記者」の皆さんです。


「ジュニア」とは付きますが記者は記者。
彼らの目的は取材活動です。

このあと西投手にインタビューをする
というお仕事が待っています。






その前に、まずはその西投手と記念撮影♪

記者は記者ですが、そこはそれ、
「ジュニア」ならではの役得もあります。






そして始まった西投手へのインタビュー。











ひとり一人の質問に丁寧に答える
西投手。


中には、








西投手をこんなに考え込ませる
質問もありました。

本職の記者、顔負けですね。


と言いながら、取材活動が終わった
あとは、






やっぱり「ジュニア」の役得が待ってたり
します。



せっかくの取材活動ですから、球場の
中もご案内しました。








こちらはキーパーの作業室。

試合で実際に使うベースにも触れて
もらいました。






その場のノリで実施したキーパーへの
質問タイム。

キーパーからしてみると「ムチャぶり」
以外の何ものでもなかったと思います。


続いてはブルペンの取材です。






天然芝の心地よさに、すっかり目的を
見失ってますね。









最後は室内練習場を見学して
今日の取材活動は終了しました。


この「ジュニア記者」、今シーズンは
あと4回、京セラDで実施します。

いずれも現在、ご参加者を募集中。

ただし、「ジュニア」というくらいです
から対象は小・中学生に限らせて
いただきます。

大人の方は、羨ましいなぁと思いながら
ガマンしてください。

くわしくはこちらをどうぞ。




話を昨日の試合へと移します。






プレーボール前、グラウンドで
パフォーマンスを繰り広げる
BsGirls。






一方、BsGirlsの曲に合わせて
ベンチ前で踊るペーニャ選手。






フラッグを振りながらグラウンドを
あとにするBsGirls。






タオルを振ってBsGirlsを見送る
ペーニャ選手。






そのBsGirls大好きなペーニャ選手の
ヒットでチャンスが広がった4回裏。

試合はここまで0対1。Bsは1点の
ビハインドです。






ノーアウト満塁で打席にはスタメン
出場の山本選手。






山本選手はレフトにきっちりと
犠牲フライを打ち上げます。






三塁から糸井選手が還って、まずは
同点。


川端選手のヒットで再び満塁としたあと、
今度は、






安達選手の2点タイムリーヒットが
飛び出します!






生還したT-岡田選手とペーニャ選手を
笑顔で迎える先発の吉田一将投手。






前回、敵地でプロ初勝利を挙げた
吉田投手は、回を追うごとに調子を
上げます。






結局、6回を投げ被安打3、失点1。

嬉しいホームゲーム初白星を飾り
ました。






ヒーローインタビューは吉田投手と
安達選手の二人。






こうして4対1で勝利したBsは今カード
3連勝。












スタンドも大いに盛り上がるホーム
ゲーム3連戦となりました。



では最後に、二日連続のパーフェクトな
デーゲームとなったほっと神戸から
こちらの写真をお届けして、今回の
記事を終わりにしたいと思います。





今日のほっと神戸は、昨日に引き続き
青空に包まれた完璧なお天気。

いや、まだです。

この写真ではありません。


ボクが撮ろうとしているのは整備を終え
白いラインが引かれたばかり。試合前の
静寂さが漂うまっさらなグラウンドです。


作業を終わったキーパーがグラウンドを
出て、そのあとセレモニーが始まるまでの
ほんの一瞬を狙います。


と、そこに、






ブルが突然のフレームイン。

あ、ごめん。今、グラウンドの写真を
撮ろうとしてるから、ちょっと退いてね。






だから、邪魔になってるんだってば。






こいつ、間違いなく、確信犯だな…



ようやくブルが邪魔にならないところへ
引っ込んだところで、ちょうどその一瞬は
やってきました。


では、どうぞご覧ください。






これが「パーフェクトなグラウンド」
です♪


ってことで、幸先のよいスタートを
切った今年のゴールデンウィーク。

次のカードは明日4月29日(火・祝)から
始まる対ホークス3連戦です。

序盤のペナントレースを引っ張る
両チームの直接対決!





皆さんのご来場をお待ちしています!!