07/24/2014

ゴールデンルーキーの快投で4連勝!




2勝0敗で迎えた今カードの最終戦。






Bsの先発マウンドを託されたのは、
ゴールデンルーキー吉田一将投手
でした。


話は少し遡ります。








こちらは昨日の試合前。

日刊スポーツとBsの共同企画「ジュニア
記者」のこどもたちから厳しい質問攻めに
あう吉田投手。


その中で、こんなことを聞かれました。

「残したい記録は何ですか?」






「ノーヒットノーラン」

正直、じっくり考えたとは思えません
でしたが、というか、こどもたちに
わかりやすい答えを選んだのでしょうが、
吉田投手はハッキリとそう返事しました。


それから24時間とちょっとが経過した
今日の試合、吉田投手はノーヒット
ノーランどころか、あわや完全試合
という快投を演じました。






7回1アウトまで一人のランナーも
許しません。

大記録達成の予感が球場全体を支配
していました。


ボクは既に5回の時点で「パーフェクト」
を使用禁止用語として決定し、「言うたら
アカン!」と周りのファンの皆さんにも
強要しました。


残念ながら7回1アウトからヒットを許し、
完全試合の夢が絶たれことは、皆さん
ご存知の通りです。

しかし、8回を投げて打たれたヒットは
その一本。11奪三振、無四球、無失点の
ピッチングは見事というほかありません。



1対0とリードした9回は、守護神
平野佳寿投手がマウンドへ。






祈りが通じ、平野投手は最終回を0点に
抑えて、チームは






4連勝!!

オールスター明けの後半戦は負けなしの
3戦3勝です♪






お立ち台は、当然、吉田投手です。






「ここで切り替えられるかどうかが
力の見せ所だと思いました」

と振り返ったのは、初ヒットを許した
あと、続く3番4番を連続三振に斬って
取った場面。

ホント、ハートの強いピッチャーだなあ
と思いました。












吉田投手、ナイスピッチング!


さて、今日の勝利でさらに勢いを増した
チームは、明後日から敵地福岡で2位
ホークスとの直接対決に臨みます。


後半戦に入ると緊張感が全然違いますね。


現地観戦のBsファンの皆さんはもちろん、
テレビの前の皆さんも、熱いご声援を
よろしくお願いします!!