10/23/2014

2014ドラフト会議




野球ファンが固唾を飲んで見守った
2014プロ野球ドラフト会議が、つい
先ほど、終了しました。









コピー機の上には、現地から送られて
きた指名選手の情報が、ズラリと貼られ
ています。


その数は9枚。



ということで、本日のドラフト会議に
おきまして、Bsは9人の選手との契約
交渉権を獲得しました。


既に報道等で皆さんご存知のこととは
思いますが、ここで9人の選手をあらた
めてご紹介したいと思います。


ボクとしても仕事上、早く彼らの名前を
覚えなきゃいけませんので、どうか
お付き合いください。


1巡目指名 山﨑福也投手(明治大)

2巡目指名 宗佑磨内野手(横浜隼人高)

3巡目指名 佐野皓大投手(大分高)

4巡目指名 高木伴投手(NTT東日本)

5巡目指名 齋藤綱紀投手(北照高)

6巡目指名 坂寄晴一投手(JR東日本)

7巡目指名 西野真弘内野手(JR東日本)

8巡目指名 小田裕也外野手(日本生命)

9巡目指名  鈴木優投手(都立雪谷高)



こうして名前を書いてみただけで、
随分と親近感が湧きます。

あっという間に彼らを全力で応援する
心構えが完成したような気がします。

これ、結構、ファンの皆さんにも
オススメかもしれません。

一刻も早くこの9人と実際に会って
みたくなりました。


と、そんなことを考えていたらボクの
ケータイに一通のメールが。

送信者はドラフトに同行していた
広報部長です。

そこには撮影したばかりの写真が添付
されていました。


撮影場所は明治大学野球部合宿所
島岡寮。






一刻も早く、という気持ちは、やはり
森脇監督が一番強かったようですね。



(指名選手のプロフィールにつきまし
てはこちらをご覧ください)