01/16/2013

冬のほっともっとフィールド神戸

 

 

やわらかな冬の陽射しに包まれたほっと神戸。

 

 

写真ではなかなか伝わらないと思いますが、

冬のほっと神戸は、名前とは裏腹に、

ホント、寒いです。

 

 

 

 

 

たくさんの報道陣は、今日公開された

イチロー選手の自主トレの取材です。

 

 

 

 

 

こちらに向かって歩いてくるのがイチロー

選手。

 

 

 

同じく神戸で合同自主トレ中のBsの

新人選手たちと、うまくタイミングが

合えば一緒の写真が撮れるかなぁ、なんて

思っていたのですが、残念ながら、ボクが

球場に着く前に挨拶は終わっていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラウンドでランニングとキャッチボールを

披露したあと、イチロー選手は室内練習場へ

移動しました。

 

 

 

 

 

 

こちらは、ほっと神戸の室内練習場。

 

 

青濤館の室内練習場とは違って、ご覧の通り

あまり広くはありません。

 

 

 

なので、報道陣の皆さんは外から窓越し

の撮影となりました。

 

 

 

 

 

皆さん、ご苦労なさってますね・・・

 

 

 

ちなみに、この位置からの撮影は、普段は

お断りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

イチロー選手の今シーズンのご活躍を

心よりお祈りしています♪

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

 

 

 

冬のほっともっとフィールド神戸は、とても

寒いです。

 

 

神戸の中心地三宮と比べれば、気温にして

3℃、体感温度にして5℃以上低いのでは

ないでしょうか。

 

 

 

そんな寒さの中、今日もキーパーたちは、

グラウンドで作業をしています。

 

 

 

あわよくばイチロー選手とBsの新人選手の

交流を題材にしようと思っていた今回の

『閑話球題Season2』。

 

 

その思惑が外れた今、例によって、困った

ときのキーパー頼み。

 

 

今日は冬のグラウンド整備の様子を

ご覧に入れようと思います。

 

 

 

 

 

やってきたのは、ほっと神戸のキーパー室。

 

 

 

 

 

 

えっ!? 今日の作業は終わりましたよ!

 

 

 

そりゃ、困る。

 

 

こっちは作業してるところの写真を撮り

たいんだから・・・

 

 

 

とにかく、グラウンドに出ましょうよ♪

 

 

 

昨日の雨で、今日のグラウンドは多くの

水分を含んでいました。

 

 

整備用車両で土をほぐすことによって、

その渇きを早くします。

 

 

こちらがその作業風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤラセ感満載でお届けしました♪

 

 

グラウンドを見れば、この作業がすっかり

終わっていたことがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

でも、せっかくなので、ボクもお手伝い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、まったく無意味です。

 

 

 

さて、グラウンドの中で一番神経を使って

整備を行うのがマウンドとバッターボックス

です。

 

 

 

 

 

 

 

シーズンオフと言えども、この部分の

整備は丁寧に行います。

 

 

おそらくこの写真では何も伝わらないとは

思いますが。

 

 

 

 

そして、バッターボックスがきれいに

整備されたところで、

 

 

 

 

 

 

しまっていこー♪

 

 

 

 

 

 

 

『閑話球題』のSeason1からお読みの皆さんに

とっては、とても懐かしい展開だったのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

撮影終了後、今度は本当の作業をする

キーパーたち。

 

 

明日、手入れをする予定の場所が、夜の間に

凍ってしまわないようにシートを掛けます。

 

 

 

 

 

ボクが言うのもなんですが、

 

寒い中、ごくろうさま♪

 

 

明日もがんばってね。