01/26/2013

トレードの話など

衝撃のトレードから2日が経過しました。

 

期待と寂しさがあいまって複雑な気持ちに

なってらっしゃるファンの皆さんが多い

のではないかと思います。

 

個人的な話ですが、ボクは1976年のオフに

ブレーブスとドラゴンズの間で成立した

4対3の大型トレードを思い出しました。

大好きな森本内野手がドラゴンズに行くと

聞いて、大きなショックを受けたのを覚えて

います。

 

ちなみに、なぜ森本選手が好きだったかと

いうと、ラジオのブレーブス応援番組の中の

ファン参加コーナーに当選したボクの姉

(当時、中学生)とそこに付いていってた

だけの小学生のボクに、収録終了後、

球場近くの喫茶店で食事をご馳走して

くれたからです。

 

その頃から食べ物には弱かったのです。

 

それだけではありません。

 

当日、番組の中で姉がインタビューする

ことになっていたのが森本選手。

 

そのどさくさで森本選手のサインが貰えた

らいいなと思って買っていった新品の

大学ノートがあったのですが、そのノートを

同じ喫茶店に居合わせた山田投手、福本選手

をはじめとする当時の主力選手に回覧して

くれました。

 

おかげで何の苦労もなく、あっという間に

豪華なサイン帳が 完成しました。

 

ここまでしてもらってファンにならない

小学生がいたら見てみたいものです。

 

 

その森本選手がトレードになる。

 

ショックの大きさは容易に想像して

いただけると思います。

 

で、シーズンが始まってどうなったか

というと、新たにやってきた島谷選手や

稲葉投手の活躍に心を躍らせつつ、一方

ではドラゴンズの森本選手にも、テレビの

前からではありましたが、変わらぬ声援を

贈り続けていました。

 

結果的に言うと、その大型トレードに

よって、ボクは応援する選手が増える

ことになりました。

 

それは野球ファンとしては決して心地

悪いものではありませんでした。

 

 

1982年のオフに成立した加藤英司選手と

水谷選手(広島)のトレードのときも

同様でした。

 

だからどうだって言う話ではありません。

 

いまやオールドファンの域に入ろうか

というボクの経験を少し語ってみた

までです。

 

 

 

話は変わります。

 

 

昨日、1月24日、大阪天満宮の「初天神

梅花祭神賑」で、Bsの5選手が恒例の

福玉まきに参加しました。

 

 

上の写真でおわかりの通り、またもや

どさくさにまぎれて、プロのカメラマンに

混じって撮影を行いました。

 

こう言っちゃなんですが、高そうな

カメラに並んで、8,800円のデジカメを

構えるのは勇気が要ります。

 

 

 

出番前、ご祈祷を受けるBsの選手たち。

 

 

 

 

 

 

祈願するのは、もちろん、「必勝」の二文字。

 

 

 

 

一人ずつマイクの前で挨拶をしたあと、
いよいよ福玉まきが始まりました。

 

 

 

 

以前は本物のお餅を投げていたのだそう
ですが、今は、参拝者の安全を考慮して
ゴムボールになりました。

 

 

 

投げ込んだのは全部で150球。

 

 

 

ナイスキャッチできた読者の皆さんは
いらっしゃいましたか?

 

 

 

 

福玉まきが終了し、リラックスしたところで

記念撮影♪

 

川端選手、縞田選手、安達選手、海田投手、

佐藤投手、おつかれさまでした。

 

 

 

最後にお知らせです。

 

 

昨日のリリースなので、読者の皆さんは

もうご存知かもしれませんね。

 

 

パ・リーグ党のオールドファンに朗報

です!

 

 

4月19日(金)~21日(日)

 

近鉄対南海3連戦!!

 

その名も「OSAKA CLASSIC」

 

くわしくはコチラをご覧ください。

 

 

 

ってことで、今日の『閑話球題

Season2』はこのあたりで失礼します。

 

 

皆さん、ごきげんよう♪

 

 

明日は糸井選手と八木投手の入団記者

会見です!